本記事は、THCPが規制される前に執筆されたものです。本記事のトピックである「THCP」は、日本国内において既に規制されたカンナビノイドですが、記録及びユーザーの参考資料として掲載しております。THCPは、2022年3月17日から「指定薬物」として規制対象になりました。THCP、ならびにTHCPを含む製品について、医療等の用途以外の目的での製造、輸入、販売、所持、使用等が禁止されています。当社においても、取り扱いを終了しているためTHCPに関するお問合せはお控えください。

■THCPの代替成分として、今注目されている「新成分」は?
※チラクシーのフルリキッド及びプリロール製品等においては、法律を遵守しながらもより高い満足度を追求するため、配合するカンナビノイドの種類や配合率を随時変更しています。新しい成分を配合した商品については各商品ページをご確認ください。

■最新成分の配合製品はこちら
ベイプタイプ:https://www.chillaxy.jp/collections/cbd-vape-510/
プリロール:https://www.chillaxy.jp/products/preroll/



THCP(テトラヒドロカンナビホロール)は、近年新しく発見されたレアカンナビノイドです。THC(テトラヒドロカンナビノール)同様に精神活性作用をもたらし、さらにその効果は「THCの33倍強力」「これまでで最強」といわれており、大麻業界では最もセンセーショナルな存在となっています。THCPの特徴や期待される効果、副作用や注意点についても紹介していきます。

■ THCPの成り立ち
THCP(テトラヒドロカンナビホロール)は2019年に発見されたレア(希少)カンナビノイドです。イタリアの研究チームがFM2株と呼ばれるイタリアの大麻の品種について実験をおこなっている際にCBDP(カンナビジホロール)と同時に偶然発見されました。THC(デルタ9THC=テトラヒドロカンナビノール)同様に精神活性作用(陶酔・酩酊作用)を持ち、さらには「THCの33倍も効果が強力」と報告されたともいわれ大麻業界を騒がせています。しかし、正確には「効果が33倍」ではなく、ヒトの脳内を中心に存在するCB1受容体に対する「結合親和性が33倍」なのであり、体内のいたるところに存在するCB2受容体に対しては5~10倍の結合親和性があることがわかっています。結論として、効力・体感としてはTHCの5~10倍に近いとされているようです。THCPは大麻の中に自然に微量に存在するカンナビノイドですが、イタリアのFM2株における典型的なレベルとしては以下が参考値となります。

・THC:39mg/g
・THCP: 29mcg/g
※THCはミリグラム、THCPはマイクロミリグラムで表記

自然には微量しか存在しないカンナビノイドのため、現在販売されているTHCP製品はヘンプを原料としてラボで生成されたTHCPを利用したものとなっています。「THCPが合法かどうか」という点についてもそこが鍵となっており、アメリカでも「ヘンプ(THCを含む量が0.3%未満の大麻)を原料としているのだから2018年に批准された農業法案によって合法とみなされる」という主張と「THCの類似物質なのだから違法とみなされる可能性が高い」という主張とが混在している状況です。そのため現在THCPの供給元は非常に少ないものの、日本にも少しずつ上陸しています。

■ THCPの特徴
前述の通り、THCPはCB1受容体に対する結合親和性がTHCの33倍、CB2受容体に対しては5~10倍とされており、総合的にはTHCの5~10倍の効果を持つと考えられています。THCPの分子構造はTHCとほぼ同じですが、唯一の違いが炭素数です。THCが持つのは炭素数5のアルキル鎖で、THCPは炭素数7の鎖を持っています。限度はありますが、炭素数が多ければ多いほど効果が強くなるとされており、炭素数7はこれまで発見されている天然のカンナビノイドの中で最大となります。THCPが現在知られているカンナビノイドの中で最も強力であるということは間違いなさそうです。精神活性作用のあるカンナビノイドの効能ランキングは以下の通りです。

関連ブログポスト

ショッピングカート